実写映画「テラフォーマーズ」のトークショーでゴキブリが禁句 何やってんの??

ちょっと前にアニメ化もされた人気漫画「テラフォーマーズ」が今度、実写映画になるんですよね。来季にはアニメも2期が始まるみたいですし、ネットで「死ぬほどB級臭」とか言われていても、そのB級具合が逆に見たいっていうか、期待が高まりますよね。その実写映画「テラフォーマーズ」のトークショーが15日に開催されたのですが、なぜか「ゴキブリの名前を出さないで」と言われたらしいんです。

(以下引用)
累計発行部数1,500万部を突破する人気マンガ『テラフォーマーズ』(作:貴家悠、画:橘賢一/集英社)。2014年にTVアニメ化、今年の4月には続編シリーズ『テラフォーマーズ リベンジ』の放送も開始されるうえに、4月29日には実写映画『テラフォーマーズ』も公開される。公開に向けて何かと話題を集めているが、原作者の貴家悠氏も思わずボヤキたくなるような“タブー”が存在していたことが語られたという。

『テラフォーマーズ』は地球人が火星に移住するために、火星へ放ったゴキブリが異常な進化を遂げ、人類を襲うまでに成長。この火星のゴキブリであるテラフォーマーズと、火星探査に人類が、お互いの存亡をかけ死闘を繰り広げる。映画版は伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬、ケイン・コスギ、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子と豪華キャストがそろっていることから、イベントを開くごとに多くのメディアが詰め掛けている状態だ。

 そんな本作のトークショーが3月15日に開催。三池崇史監督、伊藤、貴家氏が参加していたというのだが、取材にあたっていたワイドショー関係者がこう語る。

「この日は、三池監督が映画を撮るごとに行っている、いわば恒例行事のようなイベントで、3人ともくつろいだ感じでのトークでした。そのときに、三池監督が『宣伝部からキツく言われています。“ある虫”の名前を印象が悪くなるので、できるだけ出さないでくださいって』と、明かしたんです。もちろんその“ある虫”とは、ゴキブリのことなのですが、貴家氏も思うところがあったようで、『21歳で漫画を始めて大学生のときから、ずーっとその虫で食ってきているのに、その虫のことを言うなって、今日はなんのために来たのか』と、ため息とともにグチを漏らしていました」

 この事態について、映画ライターに尋ねてみると、こんな証言も。

「報道関係者用に映画の説明などのためにプレスシートというものが配られるのですが、そこには、確かにゴキブリのゴの字も見ませんね。テラフォーマーもマスコット化されて、『テラちゃんって呼んでください』と完成披露イベントでMCからアナウンスもされてました」

 そんな“タブー”を知って、果敢に挑むものも現れたのだとか。

「伊藤がこの話を聞いて意識的に、イベント中にゴキブリという単語を交えて話しだし、『なんでダメなのゴキブリ?』と言い切っていました。会場がビルボードライブ東京と飲食もできる場所だっただけに、関係者たちはギョッとしてましたが、案外観客は盛り上がっていて、満足しているようだったので、トークショーとしては良かったのかもしれません」(前出のワイドショー関係者)

 ちなみに、本作の試写を観た映画ライターたちは言葉に詰まりながら微妙な反応を示し、三池監督への恩義からか多くを語りたがらない……という仕上がりなのだとか。害虫駆除製品で知られるアース製薬の特別協賛が決定した本作だが、公開後に“いなかったことにされてしまう”ことのないよう見守りたいところだ。
(以上、おたぽるより引用)

56b49f0323c6c.jpg
http://www.famitsu.com/ad/welcome/160322_leagueoflegends/?referer=http%3A%2F%2Fwww.famitsu.com%2Fnews%2F201602%2F08098929.htmlより引用

インターネットでの反応は、
「ゴキブリが主役なのに、変なの。アニメにも●あったり、なぁんか楽しめない。」
「一番のタブーは実写化なんだけどな。キービジュアルの時点で失敗作だってわかるんだが?w」
「「G×××」はダメって?…、ある意味「アレ」も主役じゃあ無いの?。」
「進化したキモいゴキブリをぶっ潰す作品なのに、そのゴキブリのゴの字も言わせられないとはww 」
「テラフォーマーズの映画のCMコケそうな匂いがプンプンするな…」
「テラフォーマーズもやばいらしいね」
「どのアニメより実写化が通じないのはテラフォーマーズだと思ってる」
「テラフォーマーズの昆虫化込みの予告初めて見たけど、あの、ほんと、これはちょっと」
などなど

原作者の人のコメントが泣かせますよね。これで食ってるのに、、って。

この記事へのコメント